ますだの落花生TOPへ
商品 お買い物はこちら
八街の落花生
天日干し
栄養
落花生料理
落花生のお話
店舗情報

 ■ご注文の仕方
  ・お支払方法
  ・送料と返品
  ・個人情報
 ■お問い合わせ
 ■アンケート
 ■リンク

ピーちゃん

八街市推奨
八街市優良特産
落花生推奨店

クロネコWEBコレクト
 

落花生のお話

●落花生はどういうふうに実るかご存じですか? ●品種紹介



落花生はどういうふうに実るかご存じですか?】

落花生がさやに入ったマメであることは、ご存じですよね。
マメなら、枝かに実っているかと思っている方がいるかと思いますが、実はちがうのです。
では、どこにできるかというと、土の中にできるのです
土の中の落花生
落花生の花


2.受粉したあと、花のもとにある子房で受精します。



落花生の子房柄
1.落花生の花は、早朝に咲いて、昼にはしぼんでしまいます。
受粉は、自分の花粉がめしべについて自家受粉をおこないます。






落花生の子房 


3.受精して一週間もすると子房の
元が伸び出して、根のように下を向きます。
この伸びた部分を子房柄(しぼうへい)といます。

子房柄が伸びる 4.子房柄は、土に向かってどんどん伸び、やがて土にささります。
 5.土の中3〜5センチのところにささった
 子房柄の先が水平になってふくらみ、
 さやができはじめます。
 そのさやの中でマメが育つのです。
土の中の子房柄
土の中の落花生 6. ”花が落ちたところにさやが生まれる”
だから、”落花生”といいます。




【品種紹介】

○千葉半立
 昭和28年、千葉県の奨励品種に採用されました。草型は従来の伏性種と異なった中間型の半立種を収集、分離、育成したもので、作業性の良さから県内はもとより全国にも普及し、現在でも主要品種の一つとなっています晩生品種で、収量やさや・粒の外観品質は他種と比較すると見劣りしますが独特の風味があり食味は良好です。千葉県、八街市の推奨品種です。
 
○ナカテユタカ
昭和54年、千葉県の奨励品種に採用されました。草型は立性で株元にさやが集中する。多収で作業性の良さ、耐肥性。晩播対応性が高いので野菜跡地などの肥沃畑での栽培に適している。現在の主要品種の一つです。中性品種で、さや白く大粒で外観に優れ子実の充実や色も良好。甘みが多い千葉県推奨品種です。

○郷の香
平成13年、千葉県のに推奨品種に採用されました。「郷の香」は良食味、多収の早生品種で、煎り豆、ゆで豆ともに食味も良好。レトルト落花生はこの品種を使用しております。

トップページへ